スケジュール管理

超シンプル。マクロなしで線を引くスプレッドシート版ガントチャート【無料】

※本記事はプロモーションを含む場合があります。

多機能なガントチャートは世の中たくさんあるので、あえて最小限のを作ってみました。

無料で使えるので、ぜひコピーしてご活用ください。

3つの特徴

  • 入力項目は最小限。タスク、担当、日数の3つだけ
  • 祝日、会社独自の休日に対応
  • マクロを使わず、条件付き書式で自動で線引き

とにかくシンプルにしました。

使い方

  • STEP1
    スプレッドシートをコピー

    ボタンを押してスプレッドシートが開いたら [ファイル]→[コピーを作成] でコピーしてください。

    ※利用にはGoogleアカウントが必要です。
    もしお持ちでない場合は、Gmailアドレスの作り方。パソコン・スマホそれぞれ解説【複数作成も可】を先にご覧ください。

  • STEP2
    祝日・独自の休日を入力

    ガントチャート_初期設定_休日入力
    Googleスプレッドシート

  • STEP3
    開始日を入力(G1セル)

    ガントチャート_初期設定_開始日入力
    Googleスプレッドシート

  • STEP4
    タスク・担当・日数を入力

    ガントチャート_初期設定_タスク入力
    Googleスプレッドシート

    日数に応じて、自動で線が引かれます。

こんなときは?

行や列が足りない

マクロは使っていないので、Excelの感覚で行や列を追加 → 追加した部分に既存セルの書式をコピペ で増やしてください。

タスクの開始日を指定したい

隠し列(E・F)を開いて、開始を書き換えてください。

※書き換えると数式が消えるので、もとに戻す場合は上下のセルから数式をコピーしてください。

ガントチャート_初期設定_タスクの開始日を変更
Googleスプレッドシート

休日や線の色を変えたい

条件付き書式を開いて、色を変更してください。

※書式設定されているセル(G3とか)にカーソルを合わせてから操作してください。

ガントチャート_初期設定_色を変更
Googleスプレッドシート

土日以外を定休日にしたい

条件付き書式を開いて、=WEEKDAY(G$1)=○ の最後の数字を変更 → [完了] をクリックしてください。

=WEEKDAY(G$1)=1日曜
=WEEKDAY(G$1)=2月曜
=WEEKDAY(G$1)=3火曜
=WEEKDAY(G$1)=4水曜
=WEEKDAY(G$1)=5木曜
=WEEKDAY(G$1)=6金曜
=WEEKDAY(G$1)=7土曜
ガントチャート_初期設定_定休日を変更
Googleスプレッドシート

コメント

タイトルとURLをコピーしました