メール

自作なら0円。ステップメール配信ツールの作り方【メルマガ】

メルマガ配信に挑戦したいけど、配信ツールに毎月お金を払うのはちょっと・・・という方に提案です。

実はメルマガ配信の仕組みって意外とシンプルなので、自分でも作れちゃうんですね。

自作ツールなら、初期費用・月々の利用料ともにゼロ円。メルマガは継続して配信するものなので、永く使うほど効いてきます。

とはいえメルマガ本文を書くだけでも大変なのに、仕組みまで作るとなると手間と時間が必須。

そこで本記事では、クリック操作+ほぼコピペで完成するように作り方をまとめました。なるべく簡単に作れるよう、可能な限りシンプルな仕組みにしています。

細々とステップメールを配信していたぼくも、自作に切り替えたことで月々2,480円かかっていたメルマガ配信サービスを解約できました。今後の継続的なコスト削減になるので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

自作ツールでできること・無理なこと

できること:無料でステップメールを配信

メルマガ配信サービスは世の中にたくさんありますが、無料サービスだと基本的にステップメール機能は使えないことが多いです

ステップメールとは、1通目・2通目・3通目・・・とあらかじめメールを作っておいて、購読してくれた読者に1通目から順番に自動配信してくれる機能のこと。このステップメールが使えないと、メルマガを書く → 配信する を毎回手作業でやることになり大変です。

その点自作ツールでは、このステップメール機能に特化しているのでもちろん利用できます。

その他、次メリットがあります。

  • 無料なのに広告が入らない
  • 独自ドメインのメールアドレスから配信できる
  • Excelの操作感でメルマガ作成や読者管理ができる

無理なこと:1日100通が上限

無料ツールを組み合わせてメルマガ配信の仕組みを作りますが、1日に送れるメール数は100通までという上限があります

これは「読者登録の通知メール」などメルマガ配信以外のモノも数に含めるので、新規読者が毎日10人増え続けるような規模のメルマガには向きません

一方ステップメールの数にもよりますが、毎日2~3人ペースの新規読者であれば間に合うかと思います。

その他、次のデメリットがあります。

  • 配信時刻の設定は「12時~13時」みたいに割とアバウト
  • クリック解析、ポイント付与、メルマガ分岐といった高度な機能はない
  • メルマガの一括送信は非対応(ステップメールに特化)

※一括配信は機能としては不可ですが、普通のGmailの画面を開いてBCCに読者アドレスをコピペすれば送れます

実はある。その他の無料メルマガ配信ツールについて

実は自作ツールが完成してから知ったのですが、無料でもステップメールが使えるメルマガサービスってあるんですね^^;

それがこちら。

とはいえ無料プランには制限がつきもので、比較するとこんな感じです。

める配くんBenchmark Email自作ツール
登録読者の上限120名500名約18,000名
※スプレッドシートの
 行数上限まで
1日あたりの配信上限なしなし約100通
月あたりの配信上限500通3,500通約3,000通
無料プランの有効期限なしなしなし
テキストメール
HTMLメール

わざわざ自作しなくても上記2サービスで十分な気もしますが、将来的に読者数が収まらない!という方は引き続きつくり方をご覧ください。

ほぼコピペ。ステップメール配信ツールの作り方

それでは、次の3ステップで実際に作っていきましょう。

  1. スプレッドシートをコピー
  2. フォームをコピー
  3. 初期設定&動作確認

操作はすべてパソコンを前提にしていますので、スマホだと厳しいかもです。

つくるのに1時間程かかると思うので、時間を確保してから挑戦してみてください。
また最後の動作テストは今日・明日と2日間に分けて行います。

必要なモノ:GoogleアカウントがあればOK

はじめに用意するモノとして、Googleの無料ツールを組み合わせて作るため Googleアカウント(Gmailアドレス)が必要です。

まだGoogleアカウントをお持ちでない場合は Gmailアドレスの作り方。パソコン・スマホそれぞれ解説【複数作成も可】 を参考にご用意ください。

ステップ1:スプレッドシートをコピー

  1. スプレッドシートをコピー ←いまココ
  2. フォームをコピー
  3. 初期設定&動作確認

この自作ツールでは、Google版Excelこと「スプレッドシート」を使って読者やメルマガを管理します。

完成版のスプレッドシートがありますので、コピーして使ってください。

  • STEP1
    コピーを作成

    ココをクリックして画面が出たら[コピーを作成]をクリックします。

    スプレッドシート_コピー作成
    Googleスプレッドシート

  • STEP2
    名前を変更

    コピーしたスプレッドシートが開くので、左上の名前部分をクリックして好きなファイル名に変更してください。

    例)メルマガ配信ツール

    スプレッドシート_名前を変更
    Googleスプレッドシート

  • STEP3
    IDをひかえる

    ブラウザのURL欄にスプレッドシートのIDが含まれています。

    次のステップでこのIDが必要になるので、画像の部分(・・・/d/ココの部分/edit#・・・)をメモしておいてください

    スプレッドシート_IDを確認
    Googleスプレッドシート

    スプレッドシートはまだ使うので、画面を残したままステップ2を進めましょう。

ステップ2:フォームをコピー

  1. スプレッドシートをコピー
  2. フォームをコピー ←いまココ
  3. 初期設定&動作確認

続いて、メルマガ登録や解除で使う「フォーム」を用意します。

こちらも完成版のフォームがあるので、コピーして使ってください。

  • STEP1
    コピーを作成

    次の3つのフォームをコピーします。

    上記を1つずつクリックして、それぞれ画面が出たら[コピーを作成]をクリックします。

    Googleフォーム_コピーを作成
    Googleフォーム

  • STEP2
    名前を変更

    コピーしたフォームが開くので、左上の名前部分をクリックして好きなファイル名に変更してください。

    Googleフォーム_名前を変更
    Googleフォーム

  • STEP3
    スプレッドシートとフォームを紐づける

    コピーしたスプレッドシートとフォームはまだ他人同士なので、顔見知りとなるよう両者を紐づける必要があります。

    3つのフォームで次のように操作してください。

    右上の3点 → スクリプトエディタ をクリックします。

    Googleフォーム_スクリプトエディタを起動
    Googleフォーム

    ▼次のような画面が出るので、ステップ1でメモしておいた「スプレッドシートのID」2行目の「書き換える部分」にコピペして 保存ボタン(フロッピーアイコン)をクリックします。

    GAS_スプレッドシートIDを入力
    Google Apps Script

    ▼こんな感じになればOKです。(図は例)

    GAS_スプレッドシートIDを入力後
    Google Apps Script

    3つのフォームとも同じIDで書き換えてください。

  • STEP4
    フォームのプログラムを有効化

    フォームにプログラムが埋め込まれていますが、まだOFFの状態なので、プログラムが動くようONにします。

    3つのフォームで次のように操作してください。

    ▼左側の 目ざまし時計アイコン をクリックします。

    GAS_トリガーを開く
    Google Apps Script

    [トリガーを追加]をクリックします。

    GAS_トリガーを追加
    Google Apps Script

    ▼「イベントの種類を選択」で フォーム送信時 を選んで 保存 をクリックします。

    GAS_メルマガ登録_トリガー設定
    Google Apps Script

    ▼本当にONにして良いか?の確認が出ますので、図のようにどんどん進んでください。

    GAS_メルマガ登録_トリガー設定_権限確認1

    GAS_メルマガ登録_トリガー設定_権限確認2.

    GAS_メルマガ登録_トリガー設定_権限確認3.

    GAS_メルマガ登録_トリガー設定_権限確認4

    ▼最後にこのような画面になればOKです。

    GAS_メルマガ登録_トリガー設定_完了
    Google Apps Script

    3つともトリガー追加ができたら、プログラムの書いてある画面は閉じて大丈夫です。

  • STEP5
    フォームを公開

    これで3つのフォームの準備ができたので、誰でも見れるように公開しましょう。

    ▼まずは登録フォームの画面で[送信]をクリックします。

    メルマガフォーム_送信
    Googleフォーム

    ▼送信方法で リンクアイコン を選んで [コピー] をクリックします。
    これでフォーム画面のURLを取得できます。

    メルマガフォーム_送信_URL取得
    Googleフォーム

    ▼ブラウザで新しいタブを開いて、コピーしたURLを貼り付けて開いてみましょう。
    すると作成したフォームが表示されます。

    このページをSNSやブログで紹介することで読者を増やしていくことになります。

    メルマガフォーム_送信_完成
    Googleフォーム

    解除フォーム・アドレス変更フォームも、同じ操作でフォーム画面を公開できます。

ステップ3:初期設定&動作確認

  1. スプレッドシートをコピー
  2. フォームをコピー
  3. 初期設定&動作確認 ←いまココ

ここまでで必要な部品はそろったので、仕上げに一通りの設定を行います。

  • STEP1
    メルマガの全般設定

    ステップ1で用意したスプレッドシートで 設定シート を開きます。

    ここでメルマガ全般の設定ができるので、はじめから書いてある記入例を参考に設定してみてください。

    メルマガスプレッドシート_設定_メール設定
    スプレッドシート

  • STEP2
    メルマガ配信時刻の設定

    全般的な設定は「設定シート」でできますが、メルマガの配信時刻(毎日○時ころに配信)だけは別の画面で設定します。

    拡張機能 → Apps Script とクリックします。

    メルマガ配信時刻_スクリプトエディタを開く
    スプレッドシート

    ▼プログラムの画面が開くので、左側の 目ざまし時計アイコン をクリックします。

    メルマガ配信時刻_トリガーを開く
    Google Apps Script

    トリガーを追加 をクリックします。

    メルマガ配信時刻_トリガー追加
    Google Apps Script

    次のように入力して [保存] をクリックします。

    ① イベントのソースを選択時間主導型
    ② 時間ベースのトリガーのタイプを選択日付ベースのタイマー
    ③ 時刻を選択好きな時間帯
    メルマガ配信時刻_トリガー追加_詳細設定
    Google Apps Script

    ▼「本当にOKか」をいろいろ訊かれるので、フォームのときと同様にOKでどんどん進んでください。

    GAS_メルマガ登録_トリガー設定_権限確認1

    GAS_メルマガ登録_トリガー設定_権限確認2.

    GAS_メルマガ登録_トリガー設定_権限確認3.

    GAS_メルマガ登録_トリガー設定_権限確認4

    ▼トリガーが作成されました。これで毎日決まった時間帯にステップメールが配信されます。

    もし配信時刻を変えたい場合は、この画面を開いてトリガーを編集してください。

    メルマガ配信時刻_トリガー追加_完了
    Google Apps Script

  • STEP3
    動作テスト

    これで一通りの設定が済んだので、次の順番で動作確認をしてみてください。
    動作テスト2~4は翌日になってから行います。

    動作テスト1:登録フォーム・登録フォームからメールアドレスを送信すると、スプレッドシートの「読者一覧」シートに登録される
    (ご自身のメールアドレスを送信してみて下さい)
    ・お知らせメールが届くか
    動作テスト2:ステップメール配信・読者登録の翌日になったら、ステップメール1通目が届くか
    ※「ステップメール」シートに1通目・2通目のサンプルが登録されています
    動作テスト3:アドレス変更フォーム・アドレス変更フォームでちゃんとアドレス変更されるか
    ※スプレッドシートの「読者一覧」シートでアドレスが書き換わっているか
    ・お知らせメールが届くか
    動作テスト4:解除フォーム・解除フォームでちゃんと解除されるか
    ※スプレッドシートの「読者一覧」シートで「解除日時・同意拒否日時」に日付が入っているか
    ・お知らせメールが届くか

    動作テストが終わったらツールは完成です。

    ここまでおつかれさまでした!

    ここでは紹介しきれませんでしたが、ツールの詳しい使い方はスプレッドシートの「★使い方」シートに書いてあるのでご一読ください

ツールは完成!でもメルマガ配信はここからが本番

ここまで大変だったかと思いますが、まだツールが用意できたに過ぎません。

肝心のステップメールは空っぽなので、がんばって「ステップメール」シートに書いていってください。

また登録フォームを宣伝して読者も集めないといけません。

これでようやくスタート地点ですが、ツールの料金はかからないので、ゆっくり時間をかけつつメルマガ配信に挑戦してみてくださいね!

最後に、メルマガ配信のNG行為やルールなどが法律で定められていますので、こちらの記事をご紹介させていただきます。

【特定電子メール法】メルマガ配信の際に押さえるべきポイント|ホット

コメント

タイトルとURLをコピーしました