時間とお金を圧縮する身近なITとの付き合い方

知ってた? YahooメールをGmailで送受信する方法と3つのメリット

広瀬 潤一
WRITER
 
アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
広瀬 潤一
スマホ・WEBツール活用の専門家

IT業界にて13年ほど企業の「効率化」「コストカット」にたずさわり独立。

貧乏性で面倒くさがり屋のため、お金をかけずに自動化・仕組み化する方法をアレコレ考えるのが大好きです。

好きな言葉は「楽をするための苦労はいとわない」
詳しいプロフィールはこちら

無料なのに使い勝手のよいGmailとYahooメール。その歴史は古く、Gmailは2004から、Yahooメールにいたっては1997年からサービスを提供しています。もう20年前ですね。

長いことYahooメールを使ってきた人も、広告がなくて強力な迷惑メールフィルタをもつGmailも便利なので、どちらも使っているという方もいるかと思います(僕のことです)。するとこんな悩みはありませんか?

 悩 み 
  • Gmailは使いやすいけど、ずっと使ってきたYahooメールも捨てられない
  • GmailとYahooメール、2つともチェックしているけど、正直めんどう…
  • Yahooメールは迷惑メールが多い

 

そこで今回は、YahooメールをGmailで読んだり送受信する方法をご紹介します。1度設定すればメールが一箇所にまとまって管理がとてもシンプルになりますので、3分ほどお付き合いください。

 本記事の内容 
  • YahooメールをGmailで送受信すべき3つの理由
  • 具体的な設定手順

 

ちなみに僕は「Yahooメール」と「独自ドメインのメール」の2つのメールアドレスをGmailでまとめて管理しています。Gmailを開くだけですべてのメールが見れるのでとっても楽です。

 

スポンサードリンク




YahooメールをGmailで送受信すべき3つの理由

アイキャッチ

理由1:1箇所でまとめて管理できる

なんといってもこれに尽きます。あっちを開いて新着チェック、こっちを開いて新着チェック…なんてしなくても、Gmailを開けば全部ここに集まってるというシンプルさが本当に楽です。

また、メールを「読む」だけでなく「探す」のも1箇所で済みます。Googleといえば検索なので、「あのとき会員登録したメール」や「ネットショップで買ったときのメール」などを過去のありったけのメールの中からサクッと探し出してくれます。

メールの他にも新着チェックするものといえば「お気に入りのWEBサイト」です。何か更新されていないかなと1つ1つ巡回しなくても、1箇所でまとめて管理する方法がありますので、こちらも併せてどうぞ。

関連記事:100個の「お気に入り」も1クリックで確認。WEBサイトの更新情報をまとめて取得する方法

理由2:簡単・強力な迷惑メールフィルタ

Gmailは自動判定する迷惑メールフィルタに定評があります。YahooメールをGmail上で管理することで、Yahooメールに届いた迷惑メールも自動判定してくれます。

自動判定されないYhaoo直々の広告メールも容赦なく個別ブロックできます。

理由3:スマホでの即返事がスムーズ

メールが届くとスマホに通知が来ますが、Androidだとアプリを起動せずに通知欄からそのまま返信できます

Yahooメールアプリ

Yahooメールアプリ

 

Gmailアプリ

通知バーから返信

 

具体的な設定手順

  1. Gmailで「受信」する設定
  2. Gmailで「送信」する設定

この2つを行います。

手順1:Gmailで「受信」する設定

ちょっとややこしいのですが、YahooメールをGmailで受信するには

  • Gmailの機能を使う
  • Yahooメールの機能を使う

の2つの方法があります。

Gmailの機能を使う Yahooメールの機能を使う
受信頻度 遅い リアルタイム
Yahooメールにメールが残るか 残る 残らない

おすすめは、より早く新着メールをチェックできる「Yahooメールの機能を使う」です。

Gmailの機能だとどのくらい遅い?

Yahooメールに新しいメールが届いているかどうかをGmailが定期的に確認しにいくのですが、頻度はまちまちでGmailで受信するのにタイムラグが生じます。1時間ほど遅れることもあります。

メールチェック頻度

 

それではYahooメールをGmailで「受信」する設定をしていきます。

Yahooメールを開いて 設定・利用規約 をクリックします。設定をクリック

 

▼メニューのなかの POP/IMAPアクセスと転送 をクリックします。

転送をクリック

 

メール転送を選んでGmailのアドレスを入力し 保存 をクリックします。

転送設定

これで「受信」の設定は完了です。続いて「送信」の設定をします。

手順2:Gmailで「送信」する設定

Gmailを開いて 歯車アイコン > 設定 をクリックします。歯車>設定

 

アカウントとインポート をクリックします。

アカウントとインポート

 

▼「名前」欄にある 他のメールアドレスを追加 をクリックします。

他のメールアドレスを追加

 

メールアドレス:Yhaooメールのアドレスを入力して 次のステップ をクリックします。

Yahooメール入力

 

Gmail経由で送信する(セットアップが簡単) を指定して 次のステップ をクリックします。

Gmail経由

 

確認メールの送信 をクリックします。

確認メール

 

▼ここで1度Yahooメールを開くと確認コードが届いています。そのコードを入力して 確認 をクリックします。

確認コード

 

▼Gmail設定画面の「名前」欄に、Yahooメールのアドレスが追加されました。これでGmailからYahooメールのアドレスで送信できるようになりました。

メールアドレスの登録完了

GmailからYahooメールで送信するには

Gmailの新規メール作成の画面で、From欄をYahooメールに切り替えると、Yahooメールのアドレスで送信できます。

送信元のメールアドレス選択

 

まとめ

今回のまとめです。

  • YahooメールとGmailどちらも利用しているなら、Gmailに集約すると便利
  • その理由は「集中管理できる」「迷惑メールフィルタ」「スマホで返信がスムーズ」の3点

今回のワザはYahooメール以外のメールサービスでも応用できますので、この機会にGmailにまとめてみるのはいかがでしょうか。設定したその日からメール管理が楽になりますので、ぜひお試しください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
広瀬 潤一
スマホ・WEBツール活用の専門家

IT業界にて13年ほど企業の「効率化」「コストカット」にたずさわり独立。

貧乏性で面倒くさがり屋のため、お金をかけずに自動化・仕組み化する方法をアレコレ考えるのが大好きです。

好きな言葉は「楽をするための苦労はいとわない」
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 社内SEの仕事術 , 2018 All Rights Reserved.