攻めのIT

SERPOSCOPE を GCP にインストールする方法【夜中に自動計測】

Googleの業務用サービス「GCP」には永久無料枠があり、性能はショボいものの無料で個人用サーバを持つことができます。

サーバは常に電源ONのため、時間のかかるツールを動かすのにウッテツケ。

ということで、「SERPOSCOPE」というSEO検索順位チェックツールを無料サーバにインストールしてみたので、その手順をご紹介します

パソコンで数時間かけていた処理が、朝起きたら終わっているようになりますので、6分ほどお付き合いください。


SERPOSCOPE の難点 = 時間が掛かる

「SERPOSCOPE」を簡単にご紹介すると、無料で使えるSEO順位チェックツールです。

SEO順位チェックツールは改善要否を教えてくれる

SEO順位チェックツールは、自分のサイトの記事がWEB検索で何番目に表示されるかを計測・記録できます。

検索順位はサイトのアクセス数と大いに関係アリなので、ブログ運営者なら誰もが気になると思います。

狙った検索キーワードでなかなか上位に出ないなら、なにか改善が必要というサイン。

SEO順位チェックツールを使っていれば、そのサインに気づくことができます。

SERPOSCOPE は計測に数時間かかる

SEO順位チェックツールには「GRC」という定番ツールがあります。

短時間で安定計測と使い勝手はよいのですが、有料(月450円~)なのが敬遠ポイント。

※制限付きですが無料プランもあります。

一方、SERPOSCOPE はやや計測が不安定なものの、無料で利用制限もありません。

ただし、計測キーワードが増えると処理完了まで数時間かかることも

たとえば、1キーワードあたり2分かかるとすると、100キーワード計測するのに3時間ちょっと待たされます。

そこで、電源入れっぱのサーバ上でSERPOSCOPEを動かして、夜中のうちに計測を終わらせちゃいましょう。

SERPOSCOPE を GCP にインストールする方法

サーバで SERPOSCOPE を動かすには

  1. SERPOSCOPE のインストーラ取得
  2. サーバにインストール
  3. ブラウザからアクセスできるよう設定

の3ステップが必要です。

ちなみに、サーバはこちら↓の手順で用意していることを前提にお話します。

ここから先はコマンド操作が必要です。

すべてコピペで使えるようにしてありますが、もし間違えたら、↑の記事でイチからサーバを作り直した方が早いかもです。

手順1:インストーラ取得

SERPOSCOPE(公式)からサーバ用のインストーラを入手します。

今回はサーバのOSが「CentOS」なので、こちら↓をクリックしてダウンロードします。

SERPOSCOPE_ダウンロード
SERPOSCOPE

▼ダウンロードできました。

SERPOSCOPE_ダウンロード完了

手順2:サーバにインストール

SERPOSCOPEを動かすには別途「java」というソフトも必要なので、併せて入れていきましょう。

サーバに接続

GCPの画面を開いて メニュー(三本線) → Compute Engine をクリックします。

GCP_ComputeEngine
Google Cloud Platform

SSH をクリックします。

GCP_ComputeEngine_接続
Google Cloud Platform

▼サーバに接続できました。

GCP_ComputeEngine_接続完了
Google Cloud Platform

javaをインストール

▼上記の黒い画面に、下記を コピペ → エンターキー を押してください。

sudo yum install -y java-1.8.0-openjdk

▼java のインストールが始まります。「Complete!」と表示されればインストール完了です。

SERPOSCOPE_javaインストール完了

SERPOSCOPE をインストール

つづいて SERPOSCOPE を入れたいので、先ほどダウンロードしたインストーラをサーバにアップします。(横文字だらけ…)

歯車アイコン → ファイルをアップロード をクリックします。

GCE_ファイルアップロード
Google Cloud Platform

先ほどダウンロードしたインストーラを選択して 開く をクリックします。

GCE_ファイルをアップロード_選択

▼ちょっと時間かかりますが「完了しました」と表示されればOKです。

Close をクリックして閉じてください。

GCE_ファイルをアップロード_完了
Google Cloud Platform

▼アップロードしたファイルは、Windowsでいう「デスクトップ」に保管された状態なので、フォルダを作って整理しておきましょう。

今回は「/opt/serposcope」という保管場所をつくって、そこにファイルを移動します。

下記を1つずつ コピペ → エンターキー を押してください。

sudo mkdir /opt/serposcope
sudo mv serposcope-2.12.0.jar /opt/serposcope/

※↑の「serposcope-2.12.0.jar」はアップロードしたファイル名なので、もし異なる場合は書き換えてください。

これでインストール完了です。(というかファイルの配置だけでOKです)

SERPOSCOPE を起動

準備ができたので、さっそくソフトを起動してみましょう。

と行きたいとこですが、普通に起動しただけだと、サーバとの接続(黒い画面)を切るとソフトも停止してしまいます。

これでは夜中に自動実行できないので、ソフトを「常駐」にして、勝手に起動しっぱなしにしていきます。

▼黒い画面に下記をすべて コピペ → エンターキー を押してください。

cat <<EOF | sudo tee /etc/systemd/system/serposcope.service > /dev/null
[Unit]
Description = serposcope

[Service]
ExecStart = /usr/bin/java -jar /opt/serposcope/serposcope-2.12.0.jar
Restart = always
Type = simple

[Install]
WantedBy = multi-user.target
EOF

▼つづいて下記2行を順番に コピペ → エンターキー を押してください。

sudo systemctl enable serposcope
sudo systemctl start serposcope

これで黒い画面を閉じても SERPOSCOPE が裏で起動しつづけるように設定完了です。

念のため、ちゃんと動いているか確認しておきましょう。

▼下記を コピペ → エンターキー を押してください。

systemctl status serposcope

▼緑色で「active」と表示されていればOKです。

GCE_デーモン起動確認
Google Cloud Platform

手順3:画面表示して操作できるように設定

SERPOSCOPE をサーバにインストールできましたが、まだ画面表示や操作ができません。

そこで、ブラウザから SERPOSCOPE の画面を見れるようにしましょう。

WEBサーバソフトをインストール

chromeなどのWEBブラウザから画面を開けるように、まずは「apache」というソフトを入れます。

▼黒い画面に下記を順番に コピペ → エンターキー を押してください。

sudo yum -y install httpd
sudo systemctl enable httpd
sudo systemctl start httpd

▼つづいて「リバースプロキシ」というちょっとした仕掛けをするため、下記をすべて コピペ → エンターキー を押してください。

cat <<EOF | sudo tee -a /etc/httpd/conf/httpd.conf > /dev/null

#Reverse Proxy
LoadModule proxy_module modules/mod_proxy.so
LoadModule proxy_http_module modules/mod_proxy_http.so
ProxyPass / http://127.0.0.1:7134/
ProxyPassReverse / http://127.0.0.1:7134/
EOF

▼さらに「SELinux」というのがジャマをしているので、無効化するために下記を コピペ → エンターキー を押してください。

sudo sed -i.old s/SELINUX=enforcing/SELINUX=disabled/ /etc/selinux/config
sudo shutdown -r now

これで一通りの設定が完了なので、黒い画面は×ボタンで閉じてOKです

SERPOSCOPEの画面を表示する

最後に画面を表示してみましょう。

▼Compute Engine の画面で「外部IP」のところにマウスを合わせるとコピーアイコンが出てくるのでクリックします。

GCE_外部IPをコピー
Google Cloud Platform

▼コピーした外部IPをChrome等のURLバーに貼り付けてエンターキーを押します。

外部IPを貼り付け

▼SERPOSCOPEのログイン画面が表示されました。

メンテナンスでもない限りサーバは常に電源ONなので、以降はいつでもブラウザからSERPOSCOPEを操作できます。

SERPOSCOPE_ログイン画面
SERPOSCOPE

なお、はじめてSERPOSCOPEを使う場合は、こちら↓の記事を参考に初期設定してみてください。

参考:パソコンの SERPOSCOPE をサーバに移す方法

いままでパソコン上で SERPOSCOPE を使っていたなら、サーバ上にデータを引き継ぐことができます。

パソコン上の SERPOSCOP で ADMIN → SAVE をクリックします。

SERPOSCOPE_エクスポート
SERPOSCOPE

▼するとデータ一式をファイルに出力できます。

SERPOSCEPO_エクスポートファイル

▼これをサーバ上の SERPOSCEPO で RESTORE を選んで取り込みます。

SERPOSCOPE_インポート
SERPOSCOPE

▼RESTORE 中にエラー画面になってしまう場合がありますが、裏(サーバ上)ではがんばって処理が続いてますので、頃合いを見て SERPOSCOPE に再度アクセスしてみてください。

SERPOSCOPE_インポートエラー


まとめ

  • SERPOSCOPE は時間がかかるので、サーバで実行するとパソコンの電源を切れる
  • インストーラ取得 → サーバにUP → もろもろ設定 でサーバ上で動く

「朝起きたら最新のSEO順位結果をチェック」を無料枠で実現できますので、ぜひお試しください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



開業アイテムを3万円でそろえる方法

・仕事用の電話番号とメール
・ホームページに新しい名刺と
・あと銀行口座や経理ソフトも…

 

脱サラして独立するなら、最初にいろいろ用意するモノがあります。でも収入のメドがないうちは出費を抑えたいところ。

そこで、トータル3万円でIT系アイテムをまるっと調達するための無料メルマガ講座はじめました。これから開業される方にはご参考になるかと思います。

家内SEの仕事術

コメント

タイトルとURLをコピーしました