守りのIT

フリーランスがチャットツールを選ぶときのポイント【有名どころから選択】

  • 在宅フリーランスなので、取引先とのやり取りはメールが中心
  • でも、短いメールを何往復もするときは面倒
  • チャットでもっと手軽にやり取りできればいいのに

そんなあなたに読んでもらいたい記事です。

 本記事の内容 

  1. フリーランスがチャットツールを選ぶときのポイント
  2. フリーランスなら「チャットワーク」をおすすめする3つの理由

在宅フリーランスのぼくは、取引先とのやり取りはチャットでほぼ完結しています。

メールを打つよりも速く、電話より気軽に報告・質問ができるので、もはや在宅ワークには必須ツール。

とはいえ、チャットツールは種類が多いので、初めはどれを使おうか迷うと思います。

そこで今回は、フリーランスにおすすめなチャットツールの選び方を解説します

導入したのに使わなかった…とならないように、3分ほどお付き合いください。


フリーランスがチャットツールを選ぶときのポイント

最重要なのは「普及していること」です。

有名どころから選ぼう

チャットツールを導入する際、どうしても外せない条件があります。

それは「相手も同じチャットツールを使う必要がある」ということ。

メールであれば

  • Gmail と Yahoo!メール
  • Yahoo!メール と Gmail

も問題なくやり取りできますが、チャットの場合は

  • Gmail と Gmail
  • Yahoo!メール と Yahoo!メール

といったように、お互いのツールを合わせないと使えません。

チャットツールを選ぶときは、有名どころであり、取引先も使っている(使ってもらえる)可能性の高いツールが無難です。

有名どころのビジネスチャット4選とそれぞれの特徴

チャットを仕事で使う場合、プライベートで使うものよりセキュリティなどに優れる「ビジネスチャット」と呼ばれるツールが主流です。

ここでは、有名どころの4つのビジネスチャットとその特徴をご紹介します。

Slack

世界トップクラスのシェアを誇るアメリカ発のビジネスチャット。

メールやカレンダーの内容をチャット上で確認できるなど、他サービスとの豊富な連携が特徴です。

メリット・他サービスとの連携が豊富
・スレッド形式で会話の流れが見やすい
デメリット・料金が高い

チャットワーク

よくSlackと比較されるメジャーな国産ビジネスチャット。

メッセージをタスク化できるので、「いつまでに・誰が・何をやる」を簡単に共有できます。

メリット・タスク管理機能がある
・料金が安い
デメリット・スレッド機能がない

Microsoft Teams

Slackとともに世界トップクラスのシェアを持つMicrosoftのビジネスチャット。

WordやExcelとの相性がよく、Microsoft製品とのスムーズな連携が特徴です。

メリット・シンプルで使いやすい
・無料版でも制限がすくない
デメリット・ちょいちょい障害が起きる

LINE WORKS

2016年の登場から急激にシェアを伸ばしているビジネス版のLINE。

LINEの使い勝手はそのままに、スケジュール・アドレス帳・アンケート機能も使えます。

メリット・シンプルで使いやすい
・チャット以外の機能も豊富
デメリット・既読が表示される

フリーランスなら「チャットワーク」をおすすめする3つの理由

ご紹介した4つ以外にも、ビジネスチャットはたくさんあります。

その中でも、どれか1つ選ぶなら

  • 修正できる
  • 既読にならない
  • 1対1ならずっと無料

という理由から「チャットワーク」がオススメです。

理由1:修正できる

チャットを送信したあとでも、間違いを見つけたら編集できます。

よくメールなんかだと、ちゃんと見直したはずなのに送信した瞬間に「あ!」と間違いに気づくことってありませんか?

でもチャットワークなら後から修正できるので、より気軽にメッセージのやり取りができます

理由2:既読にならない

メッセージを開いても既読表示がないので、読んだことがバレません。

フリーランスは掛け持ちで仕事をすることも多く、急ぎの仕事中にまったく別のメッセージを開いちゃって「あれ?読んでるのにぜんぜん返信くれない」と相手に思われるのは避けたいところ。

既読機能がなければそういった不安もないので、余計なプレッシャーもなく、目の前の仕事に集中することができます

理由3:1対1ならずっと無料

チャットは基本的に

  • 1対1の個別チャット
  • 複数名のグループチャット

の2種類あります。

チャットワークでは、無料プランでも「1対1の個人チャット」が制限なく利用可能

1人で活動されているクライアントさんや、社長と直接やり取りするだけといった場合は、ずっと無料プランで使えます。

一方、グループチャットは累計14個まで無料という制限があります。(累計というのがミソ)

それ以上になると有料プランへの切り替えが必要ですが、ちょっとした裏技でお得に使えるようです。

>>参考記事:チャットワークの無料枠の上限がいっぱいになったときの対処法|デキる主婦を目指すためのブログ

チャットワークの唯一のデメリット

フリーランスにイチ押しのチャットワークですが、唯一のデメリットは「スレッド機能」がないこと

1つのチャット内で同時にいくつもの話題が出てくると、どのメッセージに対する返信なのかが分かりにくくなります。

その代わり「返信機能」がありまして、REアイコンをクリックすれば返信元のメッセージを確認できます。

チャットワーク_返信機能
引用:メッセージを返信する|chatwork

個人的にはスレッド機能の追加を待ち望んでますが、おおむね返信機能があれば困らないと思います。


まとめ

  • チャットツールは相手も同じツールを使う必要がある
  • 有名どころのビジネスチャットを選ぶのが無難
  • フリーランスに一押しなのは「チャットワーク」

取引先がすでにチャットツールを導入していたら、先方に合わせるのがスムーズです。

でも、はじめてチャットを使ってみようかなという場合は「チャットワークはどうですか?」と提案してみると良いかもしれません。

バラバラのツールを使い分けるより、1つに絞った方が扱いやすくなりますので。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>次の記事:【初心者向け】チャットワークの使い方をざっくり3分で解説します



開業アイテムを3万円でこしらえる方法

・仕事用の電話番号とメール
・ホームページに新しい名刺と
・あと銀行口座や経理ソフトも…

 

脱サラして独立するなら、最初にいろいろ用意するモノがあります。でも収入のメドがないうちは出費を抑えたいところ。

そこで、トータル3万円でIT系アイテムをまるっと調達するための無料メルマガ講座はじめました。これから開業される方にはご参考になるかと思います。

家内SEの仕事術

コメント

タイトルとURLをコピーしました