個人事業主の「ひとりIT化」を応援するサイト

Google連絡先から電話帳データをエクスポートする方法。1分でできます

広瀬 潤一
WRITER
 
アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
広瀬 潤一
もと社内SE。会社だけでなく個人でのIT利用をもっと広めたく、サラリーマン歴13年目に独立。
在宅で自営業専門のITインストラクターをしています。
好きな言葉は「楽をするための苦労はいとわない」
詳しいプロフィールはこちら

AndroidスマホからiPhoneに機種変更するなど、電話帳のデータを引っ越ししたい場面があります。

でも古いスマホの画面を見ながら、1件ずつ手作業で打ち直すなんて大変ですよね。

ところが、Androidスマホで「Google連絡先」を使っていたなら、データをエクスポート(吐き出す)すれば簡単にiPhoneに引き継げますので、今回はその方法をご紹介します。

電話帳のバックアップにもなりますので、1分ほどお付き合いください。

 

 本記事の内容 
  • Google連絡先のデータをエクスポートする方法
  • エクスポートしたファイル「.vcf」とは

 


Google連絡先のデータをエクスポートする方法

Google連絡先はパソコン版もありますが、ここではアプリを使った手順をご紹介します。

連絡帳

連絡帳

Google LLCposted withアプリーチ

 

 

▼Google連絡先で ハンバーガーメニュー(三本線) をタップします。

ハンバーガーメニュー

 

設定 をタップします。

設定をタップ

 

エクスポート をタップします。

エクスポート

 

電話帳データを登録しているGoogleアカウントを選択して .VFCにエクスポート をタップします。

アカウントを選択してエクスポート

 

保存 をタップするとエクスポートされます。

電話帳データのエクスポート先は、左上のハンバーガーメニューをタップすれば、本体のほかにSDカードやGoogleドライブなどに切り替えることもできます。

保存をタップ

 

これで電話帳データのエクスポートは完了です。

あとはエクスポートしたファイルをiPhoneに持っていって取り込めば、電話帳データは引っ越しできます。

参考記事:iCloud: 連絡先情報をiCloud連絡先に読み込む|Apple Inc.

 

エクスポートしたファイル「.vcf」とは

エクスポートすると、vCard形式(ファイル名が ○○.vcf となる)という形のファイルが作成されます。

vCardは電子名刺の標準規格フォーマット。項目として名前、住所、電話番号、URL、企業ロゴのほか、写真や音声などを含むことも出来る。

引用:vCard|Wikipedia

電話帳データをやり取りするのによく使うファイル形式です。

Google連絡先のほか、Outlookなど主要なメールソフトでも取り込むことができる無難なファイル形式です。

 

スポンサーリンク



まとめ

  • 電話帳データは手打ちしなくても引っ越しできる
  • Google連絡先からvCard形式でエクスポートできる

携帯ショップにお願いしなくても簡単にデータを取り出せますので、ぜひお試しください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

自営業・フリーランス専門のパソコン教室はじめました

・お金をかけずにホームページをつくりたい
・たくさんのアクセスで知名度を上げたい
・ムダをなくして労力を最小限にしたい

 

ひとり戦力のフリーランス・個人事業主になったら、ITを味方にすることで、すくない労力でも多くの人にアプローチすることができます。でもITは小難しいもの。

そこで、ITで解決したいことをオーダーメイド教材でお手伝いするマンツーマンのパソコン教室はじめました。まずはどんなものか無料体験からどうぞ。


この記事を書いている人 - WRITER -
広瀬 潤一
もと社内SE。会社だけでなく個人でのIT利用をもっと広めたく、サラリーマン歴13年目に独立。
在宅で自営業専門のITインストラクターをしています。
好きな言葉は「楽をするための苦労はいとわない」
詳しいプロフィールはこちら

関連記事(一部広告)

関連記事(一部広告)

Copyright© フリーエンジニアの仕事術 , 2018 All Rights Reserved.