時間とお金を圧縮するデジタルとの付き合い方

Google Keepの共有方法2パターン。買い物リストは夫婦で共有しとこう

広瀬 潤一
WRITER
 
アイキャッチ_伝言
この記事を書いている人 - WRITER -
広瀬 潤一
時間とお金をかけないお手軽IT導入の専門家

IT業界にて13年ほど企業の「効率化」「コストカット」にたずさわり独立。

貧乏性で面倒くさがり屋のため、お金をかけずに自動化・仕組み化する方法をアレコレ考えるのが好きです。

好きな言葉は「楽をするための苦労はいとわない」
詳しいプロフィールはこちら

シンプルで高機能なメモアプリとしておすすめなのが「Google Keep」です。

>>Google Keepって何?という方はこちら:Google Keepの使い方。何ができて何ができないかAndroidで手短に解説

書いたメモは他の人と共有することができるので、たとえば「買い物リスト」を書いて夫婦で共有しておけば、ひとりでスーパーに行ったときも買い忘れがなくなります。

 

そこで今回は、Google Keepでメモを共有する方法をご紹介します

共有方法は「お互いに編集OK」と「読み取り専用」の2パターンありまして、それぞれ解説します。

特に「お互いに編集OK」なら1度セットするだけで以降は手間いらずになりますので、2分ほどお付き合いください。

 

 本記事の内容 
  • Google Keep のメモを「お互いに編集OK」で共有する方法
  • Google Keep のメモを「読み取り専用」で共有する方法

 

スポンサードリンク




Google Keep のメモを「お互いに編集OK」で共有する方法

アイキャッチ_伝言

夫婦でそれぞれ気がついたことをメモし合っておけば、LINEでイチイチ買ってきてほしいものを送らなくてよくなります。

1つのメモをお互いに編集できる共有方法を解説します。

メモの共有手順

共有したいメモを開いて メニュー(3点) をタップします。(共有はメモ単位です)

GoogleKeep_メニューをタップ

GoogleKeep

 

共同編集者 をタップします。

GoogleKeep_共同編集者

GoogleKeep

 

「共同編集者」が灰色でタップできない場合は?

共有機能がOFFだとタップできないので、機能をONにします。

ハンバーガーメニュー(三本線) をタップします。

GoogleKeep_メニュー

GoogleKeep

 

設定 をタップします。

GoogleKeep_設定をタップ

GoogleKeep

 

共有を有効にする:ON にします。

GoogleKeep_共有ON

GoogleKeep

共有相手のGoogleアカウント(Gmail)を打ち込んで 保存 をタップします。
2人だけ、3人以上など複数人を指定できます。

GoogleKeep_共有相手を選択

GoogleKeep

 

▼メモを共有したことが相手に通知メールとして届きます。

スマホだとGoogleKeepアプリが必要なのですが、通知メールからそのままアプリを導入できます。

GoogleKeep_共有通知

GoogleKeep

 

▼共有されたメモには、共有相手のアイコンが表示されます。

GoogleKeep_共有結果

GoogleKeep

 

これで共有の設定は完了です。

共有したメモは自動で同期する

1度共有設定したメモは、内容を更新すれば自動で共有相手にも反映されます。

GoogleKeep_共有同期

GoogleKeep

 

共有されないもの

メモの内容は共有されるのですが

  • ラベルの設定
  • 色の設定
  • アーカイブ
  • リマインダーの追加

は共有されないので、ひとりひとり好みで設定できます。

共有の解除の方法

共有が不要になったら解除できます。

共有を「した」側でも「された」側でも、どちらでも操作は同じです。

▼共有したメモを開いて アカウントのアイコン をタップします。

GoogleKeep_共有相手

GoogleKeep

 

▼共有しているアカウントの ×アイコン > 保存 とタップします。

GoogleKeep_共有解除

GoogleKeep

 

これで共有が解除されました。

 

Google Keep のメモを「読み取り専用」で共有する方法

相手にメモを共有したいけど、編集はしないでほしい、という場合の共有方法です。

共有したいときに都度操作します。

 

▼メモを開いて メニュー(3点) > 送信 をタップします。

GoogleKeep_送信

GoogleKeep

 

その他のアプリから送信 をタップします。

ちなみに上の「Googleドキュメントにコピー」を選ぶと、メモの内容をコピーしたGoogleドキュメントが作られるだけなので、誰かと共有するわけではありません。

GoogleKeep_送信

GoogleKeep

 

共有するのに使うアプリを選択します。

今回はLINEを選んでみます。

GoogleKeep_送信アプリ選択

GoogleKeep

 

▼メモの内容でメッセージが作られるので、共有したい相手に送ります。

GoogleKeep_LINEで送信

GoogleKeep

 

共有というよりかは、メモの内容をコピーして送信というイメージですね。

 

まとめ

  • GoogleKeepはメモ単位で誰かと共有できる
  • お互いに編集可能か、一方だけ編集可能かの2パターンある
  • お互いに編集可能にすれば、はじめに1度設定するだけでいつでも同期される

僕はメモ魔なので、「醤油が切れた!」「洗剤がなくなった!」など気づいたら買い物リストに書き込んでいます。

嫁さんと2人で買い物にいくと「何か買うものあったっけ?」「そうそう洗剤がもう無ないんだよね」なんて話ができるのですが、1人で行くときもメモの共有で買い忘れがなくなりますので、ぜひお試しください。

Google Keep - メモとリスト

Google Keep – メモとリスト

Google, Inc.posted withアプリーチ

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
広瀬 潤一
時間とお金をかけないお手軽IT導入の専門家

IT業界にて13年ほど企業の「効率化」「コストカット」にたずさわり独立。

貧乏性で面倒くさがり屋のため、お金をかけずに自動化・仕組み化する方法をアレコレ考えるのが好きです。

好きな言葉は「楽をするための苦労はいとわない」
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 社内SEの仕事術 , 2018 All Rights Reserved.