ブログ運営

はじめてのGCP。利用登録~最低限の初期設定まで

Google先生といえば「検索」ですが、なんと1日あたり55億件もの検索をさばいているそうです。(2016年時点)

1秒間だと63,000件・・・凄まじいですね。

そんなGoogleが誇るとんでもない設備を、従量課金で借りられる業務用サービスが「GCP」(Google Cloud Platform)です。

しかも「月に●●までならタダ」という無料枠もあるので、お金のかからない範囲でうまく活用したいところ。

そこで今回は、GCPデビューのための利用登録と、最低限の初期設定を解説します。

最後に無料枠でできるGCP活用例もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

用意するモノ:Googleアカウントとクレジットカード

GCPを始めるのに必要なのは、次の2つです。

  • Googleアカウント(Gmailアドレス)
  • クレジットカード

Googleアカウントをお持ちでない場合は Gmailアドレスの作り方。パソコン・スマホそれぞれ解説【複数作成も可】 を参考に作ってみてください。

またクレジットカードが必要ですが、無料枠で使う分には料金ゼロなのでご安心ください。

画面でポチポチ。GCPの利用登録

それでは、GCPを使うための利用登録をしていきましょう。

  • STEP1

    GCPの利用登録画面を開いて 利用規約にチェック → 同意して続行 をクリックします。

    GCP_利用開始
    Google Cloud Platform

  • STEP2
    無料トライアルに登録

    GCP_無料トライアル開始
    Google Cloud Platform

  • STEP3
    利用規約にチェックを入れて「続行」

    GCP_無料トライアル入力1
    Google Cloud Platform

  • STEP4
    各項目を入力して「無料トライアルを開始」

    アカウントの種類は 個人 でOKです。

    GCP_無料トライアル入力2
    Google Cloud Platform

  • STEP5
    登録完了

    GCP_無料トライアル_登録完了
    Google Cloud Platform

これだけは済ませておきたい。GCPの初期設定

利用登録ができたら、次の2つを済ませておきましょう。

  1. 自動請求を有効にする
  2. もし料金が発生したら通知が来るようにしておく

その1:自動請求を有効にする

GCPがの登録が完了すると、はじめの90日間は「お試し期間」になります。

お試し期間中は

  • 課金されない
  • 300ドル分のお試し券が使える

ので、本来ならお金のかかる機能も気軽に試せます。

90日が経ってお試し期間が終了しても、引き続き「月に●●までならタダ」の無料枠の中であれば課金なしで使えます。

はじめの90日間91日以降
300ドル分のお試し券×
「月に●●までならタダ」の無料枠

ただ1つだけ条件があって、「自動請求を有効にする」という操作をしないと91日以降(お試し期間の終了後)はGCPを使えなくなってしまいます

お試しで使ってみて、良かったら忘れずに「自動請求を有効」にしておきましょう。

まだお試し期間が残っているうちに「自動請求を有効」にしても、300ドルのお試し券(90日有効)は消えないので、早めに済ませておくのがオススメです。

ちなみに当ページからGCPの利用登録をすると、通常より50ドル上乗せして350ドル分のお試し券をゲットできることになったので、よろしければどうぞ。(Google先生、やっぱ太っ腹…)

その2:料金発生時に通知が来るようにする

無料枠 + お試し券 があるとはいえ、本当に課金されないか気になるところ。

そこで、課金が発生したらメール通知が来るようにしておきましょう。

  • STEP1
    左のメニューから「お支払い」をクリック

    GCP_お支払い
    Google Cloud Platform

  • STEP2
    「予算とアラート」をクリック

    GCP_お支払い_予算とアラート
    Google Cloud Platform

  • STEP3
    「予算を作成」をクリック

    GCP_お支払い_予算を作成
    Google Cloud Platform

  • STEP4
    分かりやすい名前(適当でOK)を入れて 次へ

    GCP_予算の作成_範囲
    Google Cloud Platform

  • STEP5
    通知する金額を設定

    いくらになったら通知するかの金額を入れます

    ②のチェックを外すと、300ドルのお試し券を無視して、無料枠の範囲をオーバーした金額で計算します。現実に課金が発生したときに通知がほしい場合は、チェックをつけておいてください。

    次へ をクリックします。

    GCP_予算の作成_金額
    Google Cloud Platform

  • STEP6
    「終了」をクリックで完了

    予算の何パーセントまで来たら通知するか、の中間ラインもここで指定できますので、必要に応じて入力してください。

    GCP_予算の作成_操作
    Google Cloud Platform

これでもし課金されたときはメールで通知が来るようになりました。

以上で、最低限やっておきたい

  1. 自動請求を有効にする
  2. もし料金が発生したら通知が来るようにしておく

が完了です。

あと最後に、せっかくGCPデビューしたので無料枠での活用例をご紹介します。

無料枠でできるGCP活用例

GCPには色々なサービスがありまして、たとえば次のような機能があります。

  • サーバ(電源つけっぱのPC)
  • ストレージ(ファイル保管庫)
  • データウェアハウス(大量データの分析)

サービスによって違うものの「すこし使うだけならタダ」という無料枠があるので、1つ目のサーバ機能を使ってブログの検索順位チェックなんかができます。

【PC無しで計測】SERPOSCOPEを無料サーバにインストールする方法
Googleの業務用サービス「GCP」を使えば、性能はショボいものの無料で個人用サーバを持つことができます。サーバは常に電源ONのため、時間のかかるツールを動かすのにウッテツケ。ということで、「SERPOSCO...

ほかにも「外付けHDDを捨ててインターネット上にファイル保管する方法」「サーチコンソールからデータを引っこ抜いて、キーワード登録不要の順位チェックツールを作成」など活用方法があるので、記事ができたらココに追記していきたいと思います。

それでは、素敵なGCPライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました