守りのIT

マネーフォワード確定申告で家事按分する方法【税金が減ります】

アイキャッチ_会計ソフトに入力
  • 生活費を経費にできる「家事按分」に挑戦してみたい
  • マネーフォワード確定申告を使ってるけど、どう入力すればいいの?
  • 仕事と私用で電話2台持ち。私用(たまに仕事でも使う)だけ家事按分とかできる?

そんなあなたに読んでもらいたい記事です。

 本記事の内容 

  • マネーフォワード確定申告で家事按分する方法
  • 同一科目で家事按分する・しないの分け方

フリーランスとして自宅で働いている僕は、電気代やネット代など「仕事でも使っている生活費」を経費扱いにしています。

>>関連記事:自宅兼事務所の個人事業主が「家事按分」で6,000円ほど節税した話

経理ソフトは「マネーフォワードクラウド確定申告」を使ってまして、そこに家事按分を入力すればOK。

初めはよく分からずでしたが、1時間くらいあーだこーだやったら6,000円ほど税金が減りました。

そこで今回は、マネーフォワード確定申告で家事按分を入力する方法をご紹介します

早いうちに設定しておいた方が作業がすくなくて済むので、3分ほどお付き合いください。


マネーフォワード確定申告で家事按分する方法

アイキャッチ_割り勘

流れとしては、おおきく

  1. 毎月の生活費を仕訳登録
  2. 年末にまとめて按分実行

になります。

手順1:毎月の生活費を仕訳登録

まずは「経費にしたい生活費」を経理ソフトに入力します。

仕事と生活の割合はいったん無視して、かかった生活費をそのまま入れればOK

ぼくの場合は、おもに電気代と通信費を入力しています。

借方貸方
電気料金水道光熱費事業主借
インターネット代通信費事業主借
スマホ代通信費事業主借

銀行引き落としやクレジットカード払いなら、口座連携しておけば自動で取り込んでくれるので忘れませんね。

なお、家計簿ソフトの「マネーフォワードME」を使っている方なら、連携口座をそのままマネーフォワード確定申告に引き継げるので楽です。

手順2:年末にまとめて按分実行

毎月の生活費を入力したら、確定申告のまえに按分実行します。

これで仕事分と生活分で割合を分けることになります。

決算・申告 → 家事按分 をクリックします。

MFクラウド_家事按分メニュー
MF確定申告

家事按分設定の作成 をクリックします。

MF確定申告_家事按分設定の作成をクリック
MF確定申告

▼経費にしたい生活費を選んで、仕事分の割合を入力します。

MF確定申告_家事按分設定の作成
MF確定申告
勘定科目生活費を入れた科目
補助科目(あれば)生活費を入れた補助科目
事業利用比率仕事分の割合
例)仕事35%、生活65%なら「35」と入力

▼すると、仕事分・生活分にわけて1年間の合計が出ます。

経費にしたい生活費をすべて入力したら 一括仕訳登録 をクリックします。

MF確定申告_一括仕訳登録
MF確定申告

▼生活分をマイナスする仕訳が自動入力されて、これで操作完了です。

いままで仕事分だけでなく生活分も入力してきたので、最後にさっぴいて帳尻を合わせる形ですね。

MF確定申告_一括仕訳登録完了
MF確定申告

同一科目で家事按分する・しないの分け方

アイキャッチ_2台持ち

家事按分する経費・しない経費が混ざっちゃってるときは「補助科目」を使うとうまく分けられます。

たとえば、仕事用のスマホ(1台目)は100%経費ですが、たまに仕事の連絡もする私用スマホ(2台目)は20%だけ経費にしたいケースなど。

同じ「通信費」という科目の中で、家事按分する・しないを分けて登録できます。

手順1:補助科目をつくる

まずは分類できるように補助科目をつくっていきます。

各種設定 → 勘定科目 をクリックします。

MF確定申告_勘定科目メニュー
MF確定申告

損益計算書 → 補助科目追加 をクリックします。

MF確定申告_補助科目追加メニュー
MF確定申告

家事按分する・しないが混在する経費を選んで「補助科目」(名前は自由)を登録します。

今回の例だと、スマホなので「通信費」を選び、補助科目に「携帯電話(私用)」を入力します。

MF確定申告_補助科目追加
MF確定申告

勘定科目や補助科目は、自分で自由に増やしてもOK。

なんか経理のルールとかで決まったのしか使えないイメージがありますが、普通の家計簿と同じで自分ルールで決められます。

▼補助科目が追加されました。

  • 勘定科目:親分類
  • 補助科目:子分類

という関係ですね。

MF確定申告_補助科目を追加完了
MF確定申告

手順2:家事按分したい対象に補助科目をセットする

つづいて、家事按分する経費(今回は私用スマホ)に補助科目を付けていきます。

会計帳簿 → 仕訳帳 をクリックします。

MF確定申告_仕訳帳メニュー
MF確定申告

▼私用のスマホ代を見つけて 補助科目:携帯電話(私用) を付けて保存します。

MF確定申告_補助科目を入力
MF確定申告

▼すると、家事按分を入力するとき(↑にスクロールします)に「携帯電話(私用)」が付いている出費だけ按分対象にすることができます。

これで

  • 仕事用のスマホ代 → 家事按分しない(100%経費)
  • 私用のスマホ代 → 家事按分する

と分けることができました。

MF確定申告_家事按分対象の補助科目指定
MF確定申告

ちなみに、もし仕事と私用でスマホ2台持ちでしたら、電話アプリを使って1台にまとめることができます。

かさばらなくなるので、ご参考にどうぞ。


まとめ

  • まずは毎月の生活費をそのまま登録
  • 仕事分と生活分に按分するのは、後から1年分まとめてでOK
  • 「補助科目」を入れておくと按分対象を絞り込める

生活費の仕訳を一度登録すれば覚えてくれるので、2年目以降は楽になります。

マネーフォワードクラウド確定申告をお使いならぜひお試しください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



開業アイテムを3万円でそろえる方法

・仕事用の電話番号とメール
・ホームページに新しい名刺と
・あと銀行口座や経理ソフトも…

 

脱サラして独立するなら、最初にいろいろ用意するモノがあります。でも収入のメドがないうちは出費を抑えたいところ。

そこで、トータル3万円でIT系アイテムをまるっと調達するための無料メルマガ講座はじめました。これから開業される方にはご参考になるかと思います。

家内SEの仕事術

コメント

タイトルとURLをコピーしました