時間とお金を圧縮するデジタルとの付き合い方

習慣も根性も不要。家計簿が続かないのなら「自動家計簿」に乗り換えよう

広瀬 潤一
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
広瀬 潤一
時間とお金をかけないお手軽IT導入の専門家

IT業界にて13年ほど企業の「効率化」「コストカット」にたずさわり独立。

貧乏性で面倒くさがり屋のため、お金をかけずに自動化・仕組み化する方法をアレコレ考えるのが好きです。

好きな言葉は「楽をするための苦労はいとわない」
詳しいプロフィールはこちら

家計簿の運用ってなかなか大変ですよね。

僕はけっこう家計簿とかお金の管理って好きでやる方なのですが、「後でつけよう」と思って忘れたり、まだつけてないレシートが財布に溜まり続けたり、なかなかスッキリとはいきません。

特につけ忘れは、今月は結局いくら使ったのかというボリューム感が下がるので、実際には赤字でも気づかなくなり、もはや家計簿をつける意味がなくなってしまいます。

 

そんな「手動家計簿」はもう使っていなくて、今は放っておいてもお金の出入りが記帳される「自動家計簿」を使っています。

その結果

  • 家計簿の付け忘れがなくなる(勝手に記帳されるので)
  • もらったレシートはその場で捨てられて、財布がスッキリする
  • 自動記帳しきれない場合も、使ったその場で手動記帳できるので忘れない
  • クレジットの引き落としに口座残高が間に合ってるかひと目で確認できる
  • ポイントの有効期限が近づくとアラートで通知してくれる
  • 月ごとにレポートが作成され、モデルケースの家庭と比較して使いすぎな費目が分かる
  • 嫁さんとリアルタイムに共有できる(主に今月の赤字具合を)
  • スマホだけで管理できる

ようになりました。

今回は「続けられない」悩みがなくなる自動家計簿を紹介します

 

スポンサードリンク




自動家計簿とは

ネットバンキングやクレジットカード・電子マネーの情報を一度登録することで、あとはシステムが自動的にお金の出入りをウォッチして家計簿にまとめてくれるWEBツールがあります。

銀行やクレジットカード以外にも、株や投資信託、ポイントやネット通販なんかも登録できます。

100%自動化できるわけではなく、現金の入出金はパソコンやスマホアプリで手動入力する必要があります。

いくつかある自動家計簿の中で、我が家ではMoneyForwardを使っています。

基本的には無料で利用できますが

  • 登録できる金融機関は10個まで
  • 直近1年分の家計簿データのみ保管

といった制限があるため、46個の金融機関を登録している我が家は有料プラン(500円/月)を利用していますが、無料でも十分便利に使えます。

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

 

実際に使ってみて分かった便利な点ベスト3

MoneyForwardの登録や使い方はインターネットで検索すればすぐに見つかりますので、ここでは割愛します。

代わりに、MoneyForwardを1年半使った僕が、実際に使ってみて感じた便利なポイントのベスト3をお伝えします。

 

第3位 こんなにも出費があったことを思い知らされる

基本的に自動で記帳されるので、取りこぼしがほとんどなくなりました。

その結果、思っていたよりも毎月10万円も多く出費があったことが見える化されました。

どんだけつけ忘れていたんだって話ですが、事実をちゃんと知ることができたことで、収入と支出のバランスを見直すきっかけになりました。

 

第2位 口座振替の残高不足がひと目で分かる

毎月25日を過ぎると怒涛の引き落としラッシュが始まります。

クレジットカード、ローン返済、生命保険、保育園代とみるみる口座残高が減っていき、しまいには「残高不足で引き落としできませんでした」なんてこともしばしば。。

以前は請求額を一つずつ見ながら電卓で「あといくら追加で入れておけば間に合うか」を計算して入金していました。

しかも嫁さんのクレジットカードや引き落とし口座は僕とは別で持っているので、各口座ごとに紐づけを考慮しながら計算していました。

ところがMoneyForwardはその計算を自動でやってくれるので、引き落としの不足額を一発で確認できます

おかげで給料日のお昼休みにちまちま計算していたのから解放されました。

 

第1位 レシートが捨てられる

もらったレシートを中身も見ずにその場で捨てられるのってこんなにもスッキリするというか、断捨離している気分を感じられることに気づきました。

MoneyForwardが自動で拾ってくれる、という信頼感があるので、今まで大切に取っていた(わけでもないですが)レシートも躊躇なく捨てられるようになりました。

手放すって気持ちいい!

これがMoneyForwardを使って得られた最大のメリットです。

 

まとめ

「計算」とか「自動化」ってITの得意分野なので、家計簿の自動化は相性がよいんですよね。

最初の登録だけ乗り越えればあたなの家計簿をずっと自動で作り続けてくれますので、ぜひお試しください。

 

「でも500円/月って・・・高っ!」と思われる方は、ちょっと使いにくいですが「Money Look」という無料のサービスもあります。

両者の比較を 楽すぎる!MoneyLookを5年間使った僕がMoneyForwardに乗り換えた理由 で紹介していますので、あわせてご覧ください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

※本記事内の画面キャプチャは家計簿マネーフォワード|Money Forward, Inc.より引用

この記事を書いている人 - WRITER -
広瀬 潤一
時間とお金をかけないお手軽IT導入の専門家

IT業界にて13年ほど企業の「効率化」「コストカット」にたずさわり独立。

貧乏性で面倒くさがり屋のため、お金をかけずに自動化・仕組み化する方法をアレコレ考えるのが好きです。

好きな言葉は「楽をするための苦労はいとわない」
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 社内SEの仕事術 , 2018 All Rights Reserved.