もと社内SEが使っている、仕事と生活をラクにする身近なテクノロジー

ATMも振込も無料。メインの銀行はそのままで、お得なネット銀行を併用しよう

広瀬 潤一
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
広瀬 潤一
なんでもITで解決したがる在宅エンジニア。
社内の働き方改革担当をきっかけに「在宅&自営業こそ合理的」と行き着いてしまい、家庭・ローン持ちながら脱サラ。
個人事業主の片腕となってくれる身近なテクノロジーについて発信しています。
もと社内SE|趣味でFP取得|1日1食|長男+双子の父
詳しいプロフィールはこちら

毎月25日になると銀行や駅中のATMが行列になりますよね。かといって自宅近くのコンビニで下ろそうものなら、メガバンクに1,000万円の普通貯金を1年間預けたときの利息と同じだけの手数料が掛かります。(金利0.001%の場合)

ところが、いわゆるネット銀行を利用することで

  • コンビニATMの手数料が休日夜間含め無料(上限あり)になるので、銀行設置のATMに並ばなくてよくなる
  • 入出金以外はパソコンやスマホで完結するので、そもそもATMまで行かなくて済む
  • 同一行内だけでなく、他行あての振り込みも無料になる(上限あり)
  • 家賃など毎月決まった金額の振り込みを自動化できる
  • メガバンクと比べて普通貯金・定期貯金の金利が高くなる
  • 利用に応じてポイントが貯まる
  • 地域性が無いので、引っ越してもメイン銀行を替えなくてよくなる

といったことが可能になります。

「でもメインの銀行を替えるのって、印鑑持って口座開設に行ったり、給与振込やクレジットカードの引き落としも変えなきゃで面倒だし・・・」

となかなか大変かと思います。

そこで今回は、窓口に行かずにパソコンやスマホから口座開設して、給与振込もクレジットや公共料金の引き落としもそのままでOKなネット銀行活用術をご紹介します。

 


ネット銀行とは

インターネット上で口座管理ができるネット銀行ですが、店舗や自前のATMを持たずコストが掛からないため、一般的な銀行と比べて金利や手数料がお得です。日本では2000年に設立したジャパンネット銀行を皮切りに、現在ではいくつかのネット銀行があります。

店舗を持たないため、口座の開設はインターネットや書類の郵送で行います

僕がネット銀行に出会ったのは、大学生時代に始めたヤフオクの決済口座としてジャパンネット銀行を利用したのがはじまりでした。

そこから イーバンク銀行(現:楽天銀行) → ソニー銀行 と経て、2010年からメインで利用しているのが住信SBIネット銀行です。

手数料や金利で見れば正直他のネット銀行の方が有利だったりしますが、一通りの機能を備え大きな欠点もない住信SBIネット銀行に落ち着きました。

 

メインの銀行を替えずにネット銀行を活用する方法

給与振込も各種引き落としもそのままでネット銀行のメリットを得るためには定額自動入金サービスを利用します。

お客さまの他行口座から毎月5日または27日に指定金額を引落し、自動的に当社口座へ入金いただけるサービスです。
毎月一定額をATMや振込によって入金しているお客さまは、当社への入金が自動化できますので便利です。
手数料は無料、ご入金は1万円以上1千円単位で設定可能です。

住信SBIネット銀行:定額自動入金サービス

このサービスを利用することで、毎月自動で決まった金額を メイン口座(給与振込・各種引き落とし) → ネット銀行 に資金移動することができます。メイン口座には引き落とし分の残高だけ入れておいて、あとはネット銀行に資金移動することで、無料ATMや無料振込といったネット銀行の恩恵を受けられるようになります。

1つ難点として資金の移動に4営業日かかるので、お給料日すぐに出金や振込をしたい場合は、普段から余裕のある残高をネット銀行に入れておく必要があります。ただATMからの出金も上限はあるものの無料なので、必要な時に小出しで出金するスタイルであれば大きな問題にはならないかもしれません。

 

クレジットカードなど毎月引き落とし金額が変わるんだけど・・・

定額自動入金サービスは毎月決まった金額を資金移動してくれますが、クレジットカードなどは引落額は変動するので、資金移動をいくらにしておけばよいか迷います。

もし資金移動によってメイン口座の残高が引落額に満たなくなってしまった場合は、今度はネット銀行からメイン口座あてに手数料無料で振り込めばOKです。(振込無料枠を1つ消費しますが)

いくら振り込めば引落額に足りるのかは、こちらの「自動家計簿」を使えば簡単に確認できます。

関連記事:習慣も根性も不要。家計簿が続かないのなら「自動家計簿」に乗り換えよう

 

スポンサーリンク



まとめ

メイン口座はそのままにネット銀行を活用する方法をご提案しましたが、本当は給与振込も各種引き落としもネット銀行に引っ越して、金利の高いネット銀行に資金を集中させておく方がお得です。ただ忙しい毎日のなか面倒かと思いますので、まずは気軽にネット銀行に触れてみるのはいかがでしょうか。

きっとコンビニATMも振込も無料が当たり前になると思います。

ぜひお試しください。

 

自営業専門のパソコン教室はじめました

・お金をかけずにホームページをつくりたい
・面倒な事務作業をラクにしたい
・ITのことを相談できる相手がほしい

 

ひとり戦力のフリーランス・個人事業主になったら、ITを仲間にすることで、自分の労力を最小化することができます。でもITは小難しいもの。

そこで、個々の状況にあわせてマンツーマンでIT化をお手伝いするパソコン教室はじめました。まずはどんなものか無料体験でお試しください。


この記事を書いている人 - WRITER -
広瀬 潤一
なんでもITで解決したがる在宅エンジニア。
社内の働き方改革担当をきっかけに「在宅&自営業こそ合理的」と行き着いてしまい、家庭・ローン持ちながら脱サラ。
個人事業主の片腕となってくれる身近なテクノロジーについて発信しています。
もと社内SE|趣味でFP取得|1日1食|長男+双子の父
詳しいプロフィールはこちら

関連記事(一部広告)

Comment

  1. アバター ひかり より:

    メガバンクに1,000万円の普通貯金を1年間預けたときの利息と同じだけの手数料

    私の頭の中にいつもある言葉だったのでびっくりしました。
    そうですよねー。絶対に許せない手数料。
    銀行員はこれで食ってるからしょうがないとも思いますが、
    食うために手数料を取ってるって勘ぐられても反論できないよねー。
    それにしても手数料が高すぎます。
    一千万円を一年間預けても利息がネズミの涙じゃん!って思うよね。

    web銀行開設はほぼ網羅しています。特に住信は重宝しています。貴男と同じで良かった。
    夫からは「いつか誰かに盗まれるぞ!」と脅されてますが・・・
    誰にどうやって盗まれるのか教えてほしいと反論しています。
    根拠のない憶測だけの説明では納得がいかない私です・・・
    愚痴になってしまいました御免なさい。

    ・・・世の中は知った者から得をする・・・
    これは最近頭の中をグルグル回ってる言葉です。

  2. 広瀬 潤一 広瀬 潤一 より:

    コメントありがとうございます。

    銀行って「利息」と「手数料」のバランスが利用者に厳しいなと常々かんじます^^;
    そんななか、住信SBIは良心的ですよね。
    でもネット銀行は危ない、と思われがちなんでしょうか??
    僕はいつかメガバンクが選ばれなくなる日が来るのだろうと思っています。
    (今後は銀行全体が厳しい時代になりそうですが…)

    知ってる・知らないの差は本当に大きいです。
    しかも時間が経てば経つほどその差は開いていってしまいます。
    だからもっと多くの人に知ってもらい、と思ってこのブログを書いてます^^

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 家内SEの仕事術 , 2018 All Rights Reserved.