時間とお金を圧縮する身近なITとの付き合い方

Anker PowerCore Fusion 5000 レビュー「荷物は最小限派」のためのモバイルバッテリー

広瀬 潤一
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
広瀬 潤一
スマホ・WEBツール活用の専門家

IT業界にて13年ほど企業の「効率化」「コストカット」にたずさわり独立。

貧乏性で面倒くさがり屋のため、お金をかけずに自動化・仕組み化する方法をアレコレ考えるのが大好きです。

好きな言葉は「楽をするための苦労はいとわない」
詳しいプロフィールはこちら

外出中の電池切れを救ってくれるモバイルバッテリーですが、こんな悩みはありませんか?

  • 荷物がかさばるから、できれば持ち歩きたくない
  • 大容量なのはいいけど、その分バッグが重たい

 

そんなあなたにオススメなのが、モバイルバッテリーとAC充電器の1台2役をこなす、コンパクト・軽量なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Fusion 5000」

今回は「Anker PowerCore Fusion 5000」の紹介とおすすめポイントをお伝えします。

 

スポンサードリンク




Anker PowerCore Fusion 5000 レビュー

最大の特徴:モバイルバッテリーとAC充電器が合体

数あるモバイルバッテリーのなかでも、一時期Amazonでは入荷してもすぐに売り切れるほどの人気商品となった「Anker PowerCore Fusion 5000」。

最大の特徴は、モバイルバッテリーとAC充電器が合体して、コレ1台で2役をこなすことです。

モバイルバッテリーなのにコンセントのプラグも付いていて、コンセントに挿せばAC充電器に早変わりします。

もちろんモバイルバッテリー本体の充電もコンセントでできます。

 

この1台2役は「ありそうでなかった」と言われこともありますが、実は以前から同じコンセプトの製品はありました

2011年に僕が初めて買ったモバイルバッテリーがこちら。(型番不明)

 

1台2役に加えて「Anker PowerCore Fusion 5000」より軽い・薄いと文句ない一品で長らく愛用していましたが、出力650mAと今どきのスマホだと電流不足で充電もままならなくなり「Anker PowerCore Fusion 5000」にバトンタッチしました。

 

USBケーブルでも充電可能

コンセントにそのまま挿せるのが特徴なのですが、USBケーブルを挿して充電することも可能です。

あまり出番はなさそうですが、コンセントの穴が1つしか空いていないときはパソコンの電源を挿して、パソコンからUSBケーブルでモバイルバッテリーを充電することができます

 

バッテリー容量:5000mAh

今どきのモバイルバッテリーだと大容量とは言えないクラスですが、基本的に 容量が大きくなる=重くなる ので、必要な分だけあればよいと思います

5000mAhとはどれくらい充電できるかというと

iPhone 8を約2回、その他スマートフォンを1回以上フル充電が可能です。

引用:Anker公式オンラインストア

とのことで、僕が使っているXPERIA SO-02J(2700mAh)は1.8回充電できます。

家に帰るまでに1.8回充電することはまずないので、もっと容量が小さくても問題ないです。

 

バッテリーの残容量の確認は、本体のボタンを押せば3段階のインジケータで確認できます。

 

出力:2台同時に充電可能だけど出力は落ちる

USB出力ポートが2つあり、同時に2台充電できます。

旅行でもこれ1台持っていけば嫁さんのスマホも同時に充電できるので、荷物が減りますね。

Anker独自の急速充電機能に対応していて、出力は最大5V/3Aです。

ただし2ポート合計での最大出力なので、2台同時に充電するときは少し時間が掛かります。

また注意点として、コンセントに挿してAC充電器として振る舞っているときは最大出力が2Aに抑えられます。

3Aの出力が欲しいときは、コンセントに挿さずにモバイルバッテリーとして使う必要があります。

 

サイズ:コンパクトだけど厚みあり

6.9cm × 7.1cm とコンパクトですが、厚さが3cmとそこそこあります

薄ければビジネスバックのポケットでも収まりがよいのですが、ちょっと出っ張って存在感があります。

 

重さ:苦にはならない189g

10000mAhのモバイルバッテリーが200g程度なのを見ると、バッテリー容量がその半分しかないのに189gは相対的に重たく見えます。

ただ200gより軽いのは事実なので、他と比較しないで「189gのモバイルバッテリーを持ち運ぶ」分には問題ない重さだと思います。

小玉のリンゴ(約250g)より全然軽いです。

 

信頼性:安心の18ヶ月保証

僕はまだ利用したことはないのですが、Ankerは保証とサポートに定評があるようです

ときどきバッテリーの事故をニュースで見かけるので、信頼できるメーカーの製品を買いたいですね。

 

お値段:2,599円

2018年6月現在、Anker公式では2,599円となっています。

Amazonでも同額で送料無料で購入できます。5

000mAhクラスの中では安いわけではありませんが、1台2役でモバイルバッテリーに定評のあるAnker製なので価値はあると思います。

電池式の充電器をコンビニで買うと1,000円はするので、よくコンビニを使う場合はすぐにペイできる価格です。

 

 

さいごに

実は、はじめ僕はモバイルバッテリーは荷物が増えるので反対派でした。

出かける前に100%充電しておいて、外ではバッテリー切れを恐れてスマホをガンガン使うことができず、ちょっとしたストレスを感じていました。

 

あるとき、これから外出するのに全然充電できていないことがあり、家に帰る前にバッテリーが切れてしまいました。

Suicaや手帳などスマホで済むものは可能な限りスマホ1台に集約しているので、バッテリーが切れて改札を通れなくなってしまいました。

カバンから久々に出てきた出力650mAのモバイルバッテリーでしばらく充電して、バッテリー1%になったところで無事に駅から出ることができました。

 

このできごと以降「Anker PowerCore Fusion 5000」のある生活を送るようになって、まさにストレスフリーです

いつでも充電できるので、バッテリーを気にせずスマホ使い倒せるようになりました。

荷物は最小限が好きだけど心配性な方なら、ぜひお試しください。

 

なお「パソコン持ち歩くのも、重くてイヤなんだよね」という方には、スマホ + キーボード というスタイルもおすすめです

>>関連記事:カバンが軽い!Bluetoothキーボード「KKmoon 59」とスマホで身軽に外出直帰

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
広瀬 潤一
スマホ・WEBツール活用の専門家

IT業界にて13年ほど企業の「効率化」「コストカット」にたずさわり独立。

貧乏性で面倒くさがり屋のため、お金をかけずに自動化・仕組み化する方法をアレコレ考えるのが大好きです。

好きな言葉は「楽をするための苦労はいとわない」
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 社内SEの仕事術 , 2018 All Rights Reserved.